2019.04.13 08:40

高知PW1勝1敗 ソフト日本L開幕 高橋完封9K

デンソーから9三振を奪い3安打無四球で完封した高知PWエース高橋 (写真はいずれも広島県御調ソフトボール場)
デンソーから9三振を奪い3安打無四球で完封した高知PWエース高橋 (写真はいずれも広島県御調ソフトボール場)
【デンソー―高知PW】2回裏高知PW2死一塁、中西康が詰まりながらも左前に落ちる幸運な適時二塁打を放ち、先制する
【デンソー―高知PW】2回裏高知PW2死一塁、中西康が詰まりながらも左前に落ちる幸運な適時二塁打を放ち、先制する
 ソフトボールの日本リーグ男子第1節は12日、広島県尾道市御調ソフトボール場で開幕。12試合を行い、高知パシフィックウェーブ(PW)はデンソーを1―0で破ったが、愛媛ウエストに1―2で敗戦。1勝1敗スタートとなった。
 デンソー戦は二回、2死から立石、中西康の短長打で先制。この1点をエース高橋が3安打無四球9奪三振で完封し、守り抜いた。
 愛媛戦は先発三宮が二、六回にソロ本塁打を許すと、最終回に中西健、西森の連続長打で1点返したが、反撃は届かなかった。
 2004年から東西2地区で行われていた日本リーグ男子は、今季から1リーグ制に移行。新加入1チームを含めた17チームが1回戦総当たりで戦い、上位5チームが決勝トーナメント(11月・名古屋市)に進み、日本一を争う。
 第2日は13日、同ソフトボール場で11試合を行い、高知PWはYKKと戦う。


中西康が決勝打
デンソー(1敗)
     000 000 0|0
     010 000 x|1
高知PW(1勝)

▽二塁打 中西康、片岡宜
▽失策 高橋
▽与死球 山脇2(高石、片岡洋)
▽試合時間 1時間34分...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ