2019.04.08 08:29

【'19高知県議選】令和の県づくりへ 新代表の責任重く

 「平成」から「令和」に向かう時代の変わり目に、歓喜と重責―。県内統一地方選の前半戦となる県議選は、7日の投開票で新代表の顔触れが決まった。各事務所では候補者や支持者の感情がはじけたが、投票率はまたも過去最低を更新。県民と県議会の距離も改めて浮き彫りになった。新県議たちは、人口減少や南海トラフ地震のリスクに直面する高知県を、令和の時代もどう持続させていくのか。選挙期間中に訴えた政策、決意の実現へ、県民の目を意識した活動が問われる。(県議選取材班)...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ