2019.04.07 08:55

県議選きょう4/7投票 各党勢力の消長焦点

1票が次々と投じられたイオンモール高知の期日前投票所。平成最後の県議選は7日の投票で、新時代を託す県議が決まる(6日正午ごろ、高知市秦南町1丁目=飯野浩和撮影)
1票が次々と投じられたイオンモール高知の期日前投票所。平成最後の県議選は7日の投票で、新時代を託す県議が決まる(6日正午ごろ、高知市秦南町1丁目=飯野浩和撮影)

 平成最後の県議選(総定数37)は7日、無投票となった5選挙区を除く12選挙区(23市町村)で投票が行われ、即日開票される。残る30議席を争う44人の当落は、順調に開票が進めば同日中に全て確定する見通しだ。
 
 無所属を含めて現有22議席の自民党会派が過半数を継続させるかや、結党以来初の県議選になる国民民主、立憲民主両党の議席の行方など、各党の消長が焦点となる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ