■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2019.04.06 08:43

暗闇に浮かぶ月光桜見頃 大月町

見頃を迎えた月光桜(大月町)
見頃を迎えた月光桜(大月町)

 幡多郡大月町弘見の「月光桜」が満開を迎え、ライトアップで暗闇に浮かび上がった姿が観光客らを魅了している。町商工会によると、今年は例年より開花が1週間程度遅く、見頃はあと数日。9日まで毎日午後7~9時に点灯する。

 高さ13・4メートル、幹回り3・5メートルのヤマザクラの古木で、白い花を付けるのが特徴。枝ぶりや樹形が美しく、丘陵の上に1本立っている。

 名古屋市から訪れた春田義幸さん(63)は「桜は各地で見ましたが、これほど美しい一本桜は見たことがない。感動しました」と見入っていた。(富尾和方)

きょう音楽会
 6日午後3時半から、月光桜前で町観光開きと夜桜音楽会が開かれる。観光開きは午後3時半からで、式典後に大月赤太鼓演奏ともち投げ。音楽会は5時の大月中学校吹奏楽部を皮切りに、ヒゲンジツシュギのライブ、二胡やオカリナの演奏がある。駐車場がないため町役場からシャトルバスを運行する。問い合わせは町観光協会(0880・62・8133)へ。

カテゴリー: 幡多高知のニュース

ページトップへ