2019.04.04 08:23

色彩水族館 マダイ

 平常は水深30~150メートルの岩礁底の中層から下層にかけてすむ。食物は小魚、甲殻類、ゴカイ類など。歯が強く堅い貝類もかみ砕き、海藻もかじる雑食性。産卵期は4~5月。土佐ではお祝いの宴席にはこれの「生け造り」が欠かせない。骨までも「うしお煮」として賞味する。全長1・2メートルに達し、雄が雌より大きい。
 
蒲原稔治・高知大学名誉教授著
『標準原色図鑑全集(4)』(1966年、保育社)など

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ高知の釣りスポーツ


ページトップへ