2019.03.31 08:35

大川村全域で「貨客混載」 人も荷物もどこにでも あす4/1から運行

 土佐郡大川村は4月1日から、村内を走るコミュニティーバスに通常のバスとしての機能に加え、運送機能を持たせる「貨客混載」の取り組みを本格的に始める。住民同士で荷物をやりとりしたり、村中心部にある郵便局まで手紙の運搬を依頼したりという活用法が想定される。農家から野菜の集荷も行い、高齢者の多い中山間地域の「生活の足」として期待が高まる。

 村から委託を受けた集落活動センターが運行する。前日までに予約が必要で、村内のどこでも乗降できる。荷物の運搬を依頼する場合は自宅まで来てもらえる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済嶺北


ページトップへ