2019.03.31 08:35

今春の高知県内新採66%計画割れ 主要30社 売り手市場で苦戦 高知新聞調査

 高知新聞社は、県内の主要30企業・団体を対象に、2019年春の新卒採用と20年春に向けた採用計画に関するアンケートを行った。今春の採用では、少子化などで「売り手市場」が強まる中、20社(66%)が計画した人数を確保できておらず、県内で採用難が深刻化する状況が改めて浮き彫りになった。
 
 おおむね5人以上の新卒を継続的に採用している30社に、3月中旬から下旬にかけて聞き取りした。内訳は製造・食品製造10社、非製造業20社。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ