2019.03.30 15:40

高知駅―北環状線が直結 来月1日一部開通 日赤アクセス向上へ 

高知市中心部と県道高知北環状線を結ぶ都市計画道路「高知駅秦南町線」。右上の建物が高知赤十字病院(同市秦南町1丁目=ドローンで山本章裕撮影)
高知市中心部と県道高知北環状線を結ぶ都市計画道路「高知駅秦南町線」。右上の建物が高知赤十字病院(同市秦南町1丁目=ドローンで山本章裕撮影)

渋滞緩和にも期待 久万川橋21年度4車線化
 高知市のJR高知駅と県道高知北環状線を結ぶ都市計画道路「高知駅秦南町線」の一部が、4月1日午前7時に開通する。同市秦南町1丁目の久万川橋北詰めからイオンモール高知と5月に開院予定の高知赤十字病院の間を通り、北環状線までを直結。災害時の救急医療の拠点となる同病院へのアクセス向上とともに、周辺の渋滞緩和も期待される。
 
 県と高知市は2014年度、シキボウ高知工場跡地への同病院の移転と北消防署の新設を念頭に、産業道路と北環状線を結ぶルートを4車線(片側2車線)化する事業に着手した=地図参照。総延長は約740メートルで、総事業費は約53億円。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ