2019.03.29 08:48

JR四国が高松駅北に商業施設検討 エースワンは閉店へ

高松駅北側の複合商業施設「エースワンサンポート高松店」(高松市)
高松駅北側の複合商業施設「エースワンサンポート高松店」(高松市)
 JR四国が高松市の高松駅北側に複合商業施設の建設を検討していることが28日分かった。建物の規模やテナントなどの概要は年内に固めるという。予定地では現在、食品スーパーチェーン「エースワン」(高知市、中山太陽社長)が複合商業施設を運営しており、借地権契約の満了に伴い4月14日限りで閉店する。

 高松駅は新都市拠点「サンポート高松」の一角に位置し、周辺はホテルやマンション建設など開発が加速。インバウンド(訪日外国人客)も好調で、JR四国は鉄道事業が厳しい中、新たな商業施設で多様なニーズを取り込む狙いだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ