2019.03.27 17:08

高知の桜イベント&お花見スポットまとめ【2019】

2019年春、高知県内各地で開催される桜のイベント情報&お花見スポットをまとめました。春のおでかけのご参考にどうぞ。


■高知城「高知城花回廊」4/5(金)~7(日)
桜の見ごろとなる4月上旬の3 日間、「高知城花回廊」が開かれる。生け花のライトアップや、楽器の演奏などが楽しめる。桃色のぼんぼりで幻想的な雰囲気のお城を楽しんで。
<<<詳細はこちら>>>

■牧野植物園「桜の宵」3/29(金)~ 31(日)
今年で5回目を迎える桜イベント「桜の宵」。桜のほか、さまざまな春の植物たちが華やかにライトアップされ、特別な姿を楽しめます。30日と31には音楽イベントも。
<<<詳細はこちら>>>

■高知市・掘川 お花見遊覧船
高知市堀川に咲く桜を船から楽しむ「お花見遊覧船」が運航。堀川から桂浜の龍馬像まで行く遊覧コースで、土曜・日曜に各4便。チャーター便を利用すると、貸切のお花見も可。団体でのイベントにも使えそう。
<<<詳細はこちら>>>


■室戸市・室戸広域公園
33種類1775本の桜が植わり、4月中旬ごろまで次々と見頃が続きそう。今は寒緋(かんひ)桜や大寒桜が満開で、メジロの鳴き声も聞こえている。3月下旬からは陽光や神代曙(じんだいあけぼの)、小松乙女のほか、斜面をピンクに彩る約300本の八重紅大島が次々と開花を迎える。

■香南市野市町 桜の広場 ぼんぼり点灯&ライトアップ3/23(土)~4/7(日)
のいち動物公園入口手前にある桜の広場に咲く約300本のソメイヨシノが、夜間にぼんぼりでライトアップ。18:30~21:30。

■香南市香我美町 「西川花祭り 2019」3/17(日)~4/3(水)
西川地区の住民らが育ててきた花公園で開催される毎年恒例のイベント。桜だけでなく、花桃や菜の花など、春の花でいっぱいの公園で、のんびりお花見を楽しめそう。うどんやお寿司、コーヒーなどの食品販売も。
<<<詳細はこちら>>>


■安田町・神峯寺
四国霊場27番札所。標高450メートルの本堂へ続く道をソメイヨシノが彩る。見頃は3月下旬か。境内周辺ではハナモモも見頃で、遅れて咲く八重桜も楽しめる。4月にはツツジも。丁寧に手入れされた植栽と、太平洋の眺望が春を迎える気持ちを高める。

■安芸市・東山森林公園
伊尾木の山中にある公園で、ソメイヨシノや大島桜など5種類約千本を楽しめる。入り口から約500メートルの桜並木が続き、約200本が並ぶ「さくら広場」も見応えがある。3月20日ごろから咲き始め、下旬にかけて見頃を迎えそう。

■桜ケ丘公園 3/31「げいせい桜まつり」
ソメイヨシノや八重桜など、さまざまな種類の桜が約2000本ある桜ケ丘公園。見頃は3月下旬ごろになりそう。「げいせい桜まつり」は3月31日(土)に開催。大正琴などのステージや野だて、雑貨販売のほか、地元グルメの出店も。
<<<詳細はこちら>>>

■土佐町・早明浦 稲村ダム湖沿いに2000本の桜
早明浦ダム湖沿いの県道本川大杉線に、ソメイヨシノ2000本が並ぶ。見頃は3月末~4月上旬。瀬戸川渓谷はアケボノツツジの大木が有名。上流の稲村ダム周辺は、ソメイヨシノやセンダイヤザクラなど約20種、1000本が楽しめる。見頃は4月下旬~5月上旬。

■土佐市・波介山展望公園 山桜など2000本
土佐市中心市街地から南に車で約15分。山桜やソメイヨシノなど2000本が咲く。見頃は3月末~4月初旬。市街地を一望でき、南には太平洋の絶景が広がる。


■須崎市・桜川など ソメイヨシノ500本
高知自動車道・須崎東インターチェンジ付近の桜川沿いにソメイヨシノが約500本。20本ほどが並ぶ西糺町の寺尾公園では、須崎商工会議所女性会が4/2日10時~14時半に野だてなどを行う。見頃は3月下旬~4月上旬。

■中土佐町・大坂谷川の川沿い
久礼から七子峠に向かう町道大坂線の大坂谷川沿い約700メートルに、およそ200本のソメイヨシノが並び、地元団体などが手入れしている。見頃は3月下旬~4月上旬

■佐川町 「さかわ・牧野公園さくらまつり2019」3/23(土)~4/7(日)
ソメイヨシノやセンダイヤザクラなど約300本の桜が咲く牧野公園で、飲食の売店が並び、夜間はぼんぼり点灯や桜のライトアップも。園内での宝探しや、公園近くの旧酒造商家「浜口邸」での抹茶のお点前などのイベントも開催されます。
<<<詳細はこちら>>>

■仁淀川町・ひょうたん桜 地区の象徴的存在
樹齢約500年のウバヒガンの古木。地区のシンボルで、県天然記念物にも指定されている。名前の由来はひょうたん形のつぼみで、高さ約30メートル、根元の幹回りは約6メートル。例年3月末~4月上旬に見頃を迎える。

■仁淀川町・大渡ダム周辺
ダム湖畔の広場や道沿いに約1600本のソメイヨシノが並ぶ。3月下旬から4月初めごろが見頃とみられる。山里の別枝地区では、市川家のしだれ桜が同時期に咲く。秋葉神社に近い中越家のしだれ桜は、やや遅れて3月末~4月上旬にピークを迎える。付近で3月下旬から、住民がいり餅などを販売する。

■四万十町・家地川公園 夜桜ライトアップ
四万十川沿いにソメイヨシノやボタンザクラなど約300本の並木道があり、家地川堰堤(えんてい)からの眺めは抜群。3月26、29、30日と、4月1、5~7日は18時半からライトアップする(雨天中止)。見頃は3月下旬~4月上旬。3月31日には「桜まつり」も。


■四万十市・為松公園の夜桜
四万十市中心部に位置する高台にある公園で、例年通り3月中旬~下旬ごろにソメイヨシノ約400本が見頃になりそう。4/7までは、18~2時にぼんぼりが点灯して夜桜が楽しめる。同市入田の四万十川桜づつみ公園も見どころだ。

■四万十市・トンボ自然公園 「しまんとお花見大作戦!~トンボとぶマルシェ~」3/30
四万十市具同のトンボ自然公園で30日10時から、桜とグルメなどを楽しむイベントが開かれる。豚串やオムライスなどの出店が並ぶほか、ヨガ体験なども行われる予定。
<<<詳細はこちら>>>

■宿毛市・大島桜公園
市が1990年から、市内各所にソメイヨシノなどの桜を約5万本植樹。大島桜公園は市内最多の約9000本が咲き、眼下に宿毛湾を見渡す景色も素晴らしい。平田町黒川の中筋川沿い約1キロの桜並木もにぎわう。見頃は3月下旬ごろで、市ホームページで開花情報や地図を紹介している。
<<<詳細はこちら>>>

■大月町・月光桜
弘見の長沢地区にある「月光桜」は、丘の上に立つ高さ13・4メートル、幹回り3・5メートルの山桜。満月の夜に満開になる言い伝えからこの名が付いた。白い花を咲かせる気品のある姿が見物客を魅了する。ライトアップは3/23~4/7の19~21時。4/6には夜桜音楽会(17時~19時50分)が開催。
<<<詳細はこちら>>>


■越知町 「越知町ぼんぼり桜まつり」
越知町・宮の前公園に200本の桜。3/30(土)~4/7(日)まで公園内にぼんぼりが灯る。ビアガーデンや夜店の出店のほか、スーパーバンドやお笑いコンビ「バンビーノ」によるスペシャルライブも。
<<<詳細はこちら>>>

◎関連記事◎
3月22日、高知で桜の開花宣言 高知城のソメイヨシノ
https://www.kochinews.co.jp/article/263229/
桜もち味の「牧野富太郎アイス」3/21から限定販売
https://www.kochinews.co.jp/article/262857/

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会Web限定Web限定


ページトップへ