2019.03.26 08:42

自然生かした土づくりを 土壌医・田村雄一さん(佐川町)が本出版

本を執筆した田村雄一さん(佐川町丙)
本を執筆した田村雄一さん(佐川町丙)
 高岡郡佐川町の農家で、土づくりのプロ「土壌医」の田村雄一さん(52)が、自然環境を生かした農業の考え方や手法のヒントをまとめた本「自然により近づく農空間づくり」を出版した。「土地の成り立ちや性格を知り、特長を生かした農空間を考える一助になれば」と話している。
 
 田村さんは3年前、日本土壌協会の検定1級に合格し、県内で初めて土壌医の資格を取得。酪農やニラ、ショウガ栽培を手掛け、農薬や化学肥料をあまり使わない農業を実践している。知人から「うまく家庭菜園ができない」と相談を受けたことから、農業についての考え方や畑づくりのヒントをまとめようと考えたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会高吾北


ページトップへ