2019.03.24 08:38

キックバイクで子どもたち70人力走 田野町で初レース

キックバイクにまたがり全力で走る子どもたち(田野町の二十三士公園)
キックバイクにまたがり全力で走る子どもたち(田野町の二十三士公園)

 足で地面を蹴って進む幼児用自転車「キックバイク」のレースが23日、安芸郡田野町の二十三士公園で初めて行われた。花がほころぶ桜並木の間を、県内外の約70人が走り抜けた。
 
 同公園に設けられた90メートルほどのコースは坂あり、砂利あり。子どもたちは転んで泣いても、声援に押されて一生懸命ゴールした。決勝では町公認キャラクターのタレント、ユージさんがスタートを合図して盛り上げた。
 
 3歳の長男が参加した高橋愛(めぐみ)さん(30)=東京都葛飾区=は「普段はアスファルトを走っているので、砂利道は見ていて面白い。子どもも楽しそう」と喜んでいた。
 
 レースは、自転車をまちづくりの柱の一つに据える町が、「春の田野日和(びより)deおきゃく」の一環で開催した。(北原省吾)

カテゴリー: 社会安芸


ページトップへ