2019.03.22 14:38

門出祝い桜咲く 高知城でソメイヨシノが開花 平年並み

薄いピンクの花びらが開いたソメイヨシノ(22日午前、高知城=反田浩昭撮影)
薄いピンクの花びらが開いたソメイヨシノ(22日午前、高知城=反田浩昭撮影)
 高知気象台は22日、高知城のソメイヨシノが開花したと発表した。平年並みで、昨年よりも7日遅い。ピンクの花びらの下、フレッシュな若者の笑顔が咲いた。
 
 高知城三の丸にある標本木は、21日午後2時の時点では1輪が咲いているだけだった。今朝の暖かい春の陽気に包まれ、16輪の淡い色の花びらが開き、心地よい風に揺れた。
 
 この日、ともに卒業式を迎える高知大学4年の国沢佑貴さん(22)=高知市上町5丁目=と同級の女子大生が散策に訪れ、スーツとはかま姿でそろって見上げた。「卒業の日と同じタイミングで咲いてくれてうれしいです。春が来て、社会人として頑張らないとという思いです」
 
 同気象台によると20日に最高気温が20・2度を観測するなど暖かい日が続き、一気に花開いた。1週間ほどで満開になりそうだ。
 
 今シーズンの桜開花は20日に長崎市で最初に確認。翌21日には東京都心部、横浜市と福岡市でも開花した。(板垣篤志)

カテゴリー: 主要環境・科学高知中央


ページトップへ