2019.03.21 08:50

高知道「立川橋」の復旧着々 夏までの開通目指す

橋桁の架け直し工事が進む立川橋(20日午後、大豊町立川上名=飯野浩和撮影)
橋桁の架け直し工事が進む立川橋(20日午後、大豊町立川上名=飯野浩和撮影)

 昨年7月の西日本豪雨による土砂崩れで崩落した高知自動車道上り線の「立川橋」(長岡郡大豊町立川上名、全長63.5メートル)の復旧工事が着々と進んでいる。西日本高速道路は、交通量が増える夏休み前までの完全復旧を目指している。 
 
立川橋そばの崩落斜面では土砂の撤去や防護対策工事が進む (20日午後、大豊町立川上名=飯野浩和撮影)
立川橋そばの崩落斜面では土砂の撤去や防護対策工事が進む (20日午後、大豊町立川上名=飯野浩和撮影)

崩落斜面の対策進行 復旧工事を公開
 西日本高速道路は20日、高知自動車道上り線の「立川橋」(長岡郡大豊町立川上名、全長63・5メートル)の復旧工事現場を報道陣に公開した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会嶺北


ページトップへ