2019.03.20 08:41

高知県地価下落率縮小0.6% 19年 上昇地点4から11に

 国土交通省が19日発表した2019年公示地価(1月1日時点)で、高知県は住宅地や商業地など全用途平均で前年比マイナス0・6%となった。24年連続の下落だが、下落率は前年より0・3ポイント縮小した。都道府県別の下落率は、前年と同じで大きい方から11番目。前年は4地点だった上昇地点が11地点に増えた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ