2019.03.19 08:45

四万十町は“北斗の聖地”!? 川渡しへフラフ制作CF 「七星」祭る神社脚光

北斗七星を祭った「星神社」。「北斗の拳」との縁にファンも注目している(四万十町十川)
北斗七星を祭った「星神社」。「北斗の拳」との縁にファンも注目している(四万十町十川)
専門学生が原画
 高岡郡四万十町十和地域が「北斗信仰の聖地」と話題になっている。十川地区に北斗七星を祭る星神社があり、人気漫画「北斗の拳」と海洋堂、町のコラボ企画を機にファンが参拝に立ち寄り始めた。地元発祥の名物「こいのぼりの川渡し」で特製フラフを掲げようと、十川体育会による制作もスタート。クラウドファンディング(CF)で支援を募っている。
 
神社の屋根瓦には「星」の文字が刻まれている
神社の屋根瓦には「星」の文字が刻まれている
 戦国時代初期の建立と伝わる星神社は、元和5(1619)年に再興された旧幡多郡十川村の郷社。北から旧古城村に降った隕石(いんせき)を北斗七星として祭っており、漫画の版元も興味を示している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会高幡


ページトップへ