2019.03.17 08:30

書道を近代美術に 高松慕真の生誕111年書展 3/31まで高知市

60年以上前に書いた近代詩文書の作品を興味深く見る鑑賞者(16日午前、高知市の龍馬の生まれたまち記念館)
60年以上前に書いた近代詩文書の作品を興味深く見る鑑賞者(16日午前、高知市の龍馬の生まれたまち記念館)
 安芸市出身の書家、高松慕真(1908~77年)の生誕111年書展が16日、高知市上町2丁目の龍馬の生まれたまち記念館で始まった。書道を近代美術にと提唱し、その信念を貫き通した“いごっそう”の作品17点が展示されている。31日まで。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ