2019.03.16 08:35

宿毛フェリー検査切れ 法的に船体動かせず

【参考写真】「ニューあしずり」
【参考写真】「ニューあしずり」
 昨年10月から運航を休止し、今月4日に運航再開を正式に断念した宿毛フェリー(本社=宿毛市片島)が所有する唯一の船体「ニューあしずり」(1985年就航、999トン)の船舶安全法に基づく定期検査期限(5年)が15日満了し、係留されている宿毛湾港片島岸壁から法的に船体を動かせなくなった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多


ページトップへ