2019.03.16 08:41

「2020こうち総文」イメージ曲完成へ あす3/17イベントで初披露 高知ゆかりの作曲家指導

ピアノの山口涼さん=右=に演奏のポイントなどをレクチャーする豊住竜志さん(2月、高知市の丸の内高)
ピアノの山口涼さん=右=に演奏のポイントなどをレクチャーする豊住竜志さん(2月、高知市の丸の内高)
 来年7月31日~8月6日に高知県で開かれる全国高校総合文化祭「2020こうち総文」のイメージソング「繋(つな)ぐ」が完成に近づいている。編曲した高知県ゆかりの作曲家らも来高し、生徒に演奏を指導。曲は17日、高知市でのイベントで初めて披露される。

 イメージソングは県内の中高生に公募し、歌詞は学芸高2年生2人、曲は中村高3年生7人の作品を採用。総文ではオーケストラ、コーラス、BGMなど、多彩な演奏場面が想定されることから、プロの作曲家3人に、シチュエーションに合う編曲を依頼した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要教育高知中央


ページトップへ