2019.03.15 08:30

大正地域の産直一堂に あす道の駅でマルシェ


 高岡郡四万十町大正地域の地産地消・加工グループが一堂に会する「四万十大正 季節の産直マルシェ」が16日、同町大正の道の駅「四万十大正」で初めて開催される。
 
 「四万十の恵み」を栽培する生産者、おいしい食べ方を開発する加工者と、消費者がつながる場をつくろうと、大正地域担当の町地域おこし協力隊ら有志でつくる四万十大正直販市実行委が企画した。
 
 「いごはち」(打井川)▽「ポテトクラブ」(大正北ノ川)▽「であいの里」(道の駅食堂・直販所)▽「集落活動センターこだま」(大正中津川)―の4者が出店。炊き込みご飯や餅など地元産品の加工品や農作物販売のほか、大鍋で仕込む「ふるまい汁」も用意する。
 
 同実行委は「大正の自慢の食を味わいに来て」とPRしている。午前10時~午後2時。問い合わせは、町大正地域振興局地域おこし協力隊(0880・27・0111)へ。(横田宰成)

カテゴリー: 社会幡多


ページトップへ