2019.03.11 08:45

明神水産が新一本釣り船 20年ぶり100トン以上クラス「第88佐賀明神丸」 黒潮町でお披露目

お披露目された「第88佐賀明神丸」(10日午後、黒潮町の佐賀漁港)
お披露目された「第88佐賀明神丸」(10日午後、黒潮町の佐賀漁港)

 カツオ一本釣り漁業の明神水産(幡多郡黒潮町佐賀)が、新船「第88佐賀明神丸」(森下靖漁労長、147トン=定員25人)を建造し10日、佐賀漁港でお披露目式を行った。同社は関連会社を含めてカツオ船6隻を所有しているが、100トン以上のクラスの新船は20年ぶりという。
 
 森下漁労長が率いて近海一本釣りカツオ、マグロ類漁獲高で昨年1位になった「第123佐賀明神丸」の後釜として造船した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会幡多


ページトップへ