2019.03.10 08:35

阿佐海岸鉄道・阿佐東線DMVがお披露目 青基調「サーフィン」車両

阿佐東線で導入予定の1台目の「デュアル・モード・ビークル」(徳島県海陽町の宍喰駅)
阿佐東線で導入予定の1台目の「デュアル・モード・ビークル」(徳島県海陽町の宍喰駅)
 高知県安芸郡東洋町と徳島県海陽町を結ぶ阿佐海岸鉄道・阿佐東線(8・5キロ)に導入予定の線路と道路を走れる車両「デュアル・モード・ビークル(DMV)」が9日、同線宍喰駅(海陽町久保)で公開された。沿線で盛んなサーフィンをイメージし、青を基調にした愛称は「未来への波乗り」。阿佐鉄は2020年度から3台運行する計画で、残り2台は19年度中の完成を目指す。
 
 DMVは阿佐東地域の活性化などを目的に徳島・高知両県や沿線自治体の関係者らでつくる協議会が総事業費10億円で導入を計画。鉄路は甲浦駅―JR四国牟岐線・阿波海南駅間の運行としている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会室戸


ページトップへ