2019.03.10 08:35

「ひきこもり女子」が交流 生きづらさ語り合う 高知市

ひきこもり経験について当事者らが語り合った「女子会」(高知市九反田)
ひきこもり経験について当事者らが語り合った「女子会」(高知市九反田)
 ひきこもり状態などで生きづらさを抱える女性たちが交流する「女子会」が9日、高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」で開かれ、県内の当事者らが苦しみや悩みを語り合った。
 
 男性の目を気にせず話し合ってもらおうと、ひきこもりの人を支援する団体「ひきこもりUX会議」(東京)が2016年から全国で開いている。高知市の会には、県内の20~50代の女性12人やその家族が参加した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ