2019.03.08 14:40

香南市の田園で越冬のナベヅル 間もなく北帰行

北帰行を間近に、水を張った田で舞うナベヅル(香南市内)
北帰行を間近に、水を張った田で舞うナベヅル(香南市内)

 香南市の田園で越冬したナベヅル6羽が、春の気配の中で優雅なダンスを披露している。もみをついばみ、水を張った田で、稲の根っこをくちばしでほじってひっくり返す姿も見られた。

 野鳥の観察を60年続けている水田貴士さん(75)=南国市岡豊町=は、昨年11月に香長平野に飛来したグループとは違い、新たに今年1月にやって来たのではないかと話す。

 「間もなく北帰行するでしょう」と水田さん。ツルたちは、暖かい北西の風が吹く朝に旅立つことが多いという。彼らが北に帰ると、土佐路も本格的な春を迎える。(写真と文・反田浩昭)

カテゴリー: 環境・科学香長


ページトップへ