2019.03.08 08:40

四万十町に来ればよい!等身大ラオウ像、役場に降臨 あす3/9開幕の海洋堂「北斗の拳」展PR

四万十町役場ロビーに登場した巨大な「ラオウ&黒王号フィギュア像」(同町琴平町)
四万十町役場ロビーに登場した巨大な「ラオウ&黒王号フィギュア像」(同町琴平町)

町も連動 周遊企画展開へ
 漫画「北斗の拳」の人気キャラクター、ラオウの等身大フィギュアが7日、高岡郡四万十町役場西庁舎に登場し、話題を呼んでいる。愛馬「黒王号」にまたがるフィギュアは高さが3・6メートル、全長4・1メートル。海洋堂ホビー館四万十(打井川)で9日開幕する「北斗の拳フィギュア列伝」展に合わせ6月3日まで展示される。同館は「高知観光の呼び水に」と期待している。

 海洋堂は、北斗の拳連載中(1983~88年)からフィギュアを手掛け、現在も看板シリーズの一つ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要文化・芸能高幡


ページトップへ