2019.03.07 08:42

土佐あかうしとコラボ 田野産ジャガでコロッケ ふるさと納税で人気

大野台地のジャガイモと土佐あかうしを素材に手作りしたコロッケ (田野町の「アクセス」)
大野台地のジャガイモと土佐あかうしを素材に手作りしたコロッケ (田野町の「アクセス」)
 安芸郡田野町の飲食店が、町産のジャガイモと土佐あかうしを使ったコロッケを商品化した。イモの濃厚な味と、肉のうま味をしっかり感じられる手作りの一品は、ふるさと納税の返礼品などとして人気を集めている。

 町ふれあいセンター内の喫茶・軽食「アクセス」。町の新しい特産品を作ろうと、大野台地で秋に収穫されたジャガイモ、中芸産の土佐あかうしのミンチを使った。

 味付けは、肉とタマネギを炒める際の塩、コショウのみ。蒸したジャガイモをつぶす時に小さな塊を残し、ミンチも粗びきに。さくっとした食感の後、ジャガイモと肉の存在感が楽しめる。肉がコロッケの3割ほどを占める。

 日替わりランチで時々提供し、好評だった。ふるさと納税の返礼品は約千個が“完売”。現在は春のジャガイモの収穫待ち。3月、4月は第2、第4水曜日にランチとして提供する。同店は「ゆくゆくは看板メニューに育てたい」としている。(北原省吾)

カテゴリー: 主要社会安芸


ページトップへ