2019.03.06 08:32

高知市で3/9に「ひきこもり女子会」 3/10に講演会も

 ひきこもり状態で生きづらさを抱える人を支援している団体「ひきこもりUX会議」(東京)が9日、高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」で、「ひきこもりUX女子会」と題した交流会を開く。対象は女性で、自らの性別を女性と認めている人も可。参加者を募集している。
 
 団体スタッフの多くも不登校やひきこもりなどの経験者。午後2時~同4時半で、会の前半では、スタッフ2人が自身の体験を語る。後半は、ひきこもりや不登校の当事者または経験者だけで「人間関係」や「恋愛」などのテーマごとに話し合う場を設ける。
 
 予約は不要。参加費は1人300円。問い合わせは同団体(050・5217・6159)へ。
 
 10日には、同団体代表理事、林恭子さんの講演が高知市丸ノ内2丁目の高知城ホールである(午前10時半から。参加無料)。ひきこもっている家族に対する支援方法を話す。講演会の問い合わせは県ひきこもり地域支援センター(088・821・4508)へ。



ページトップへ