2019.03.05 14:35

パラオによさこい広がれ 県派遣「マイスター」 現地で指導

笑顔で鳴子踊りを披露するパラオの子どもたち(同国コロール=ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団提供)
笑顔で鳴子踊りを披露するパラオの子どもたち(同国コロール=ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団提供)
 太平洋のミクロネシアにあるパラオ共和国で2月に開かれた「日本フェア」で、初めてよさこい鳴子踊りが披露された。高知県が海外派遣した「よさこいマイスター」が現地で子どもたちに指導。約60人が鳴子を打ち振りながら、正調踊りやフリー乱舞を楽しんだ。

 派遣されたのは、国内外でよさこいイベントを手掛ける「ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団」(東京)の扇谷ちさと理事長ら。昨年の外務省行事で扇谷さんらを知った同国大使が派遣を要請した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能よさこい祭り文化


ページトップへ