2019.03.05 08:40

武田虎汰郎君(米奥小2年)上位入賞 「はがき新聞」全国コンクール

拡大印刷した受賞作のはがき新聞を手に、笑顔の武田虎汰郎君(四万十町の米奥小)
拡大印刷した受賞作のはがき新聞を手に、笑顔の武田虎汰郎君(四万十町の米奥小)
 高岡郡四万十町米奥の米奥小学校2年、武田虎汰郎君が、ミニサイズの「はがき新聞」全国コンクールで上位の審査員特別賞を受賞。4日、同校で表彰状が手渡された。
 
 コンクール「はがき新聞ひろば」は、全国ではがき新聞普及を進める公益財団法人、理想教育財団が主催。1万1759点の応募があった中、朝マラソンで「新記ろくを出したい」との見出しでつづった武田君の作品が、最優秀の財団賞と金銀銅賞に次ぐ審査員特別賞に選ばれた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育高幡


ページトップへ