2019.03.05 08:37

梼原町の過労自殺和解 町が責任認め謝罪 高知地裁

和解成立後、会見に応じる梼原町の吉田尚人町長=左(4日午後、高知市内)
和解成立後、会見に応じる梼原町の吉田尚人町長=左(4日午後、高知市内)
 高岡郡梼原町の職員だった男性=当時(34)=が2014年に自殺したのは、町の過重な業務が原因だったとして、遺族が町を相手に起こした損害賠償請求訴訟の和解が4日、高知地裁(西村修裁判長)で成立した。町側は男性の過重労働の責任を認め、遺族に謝罪。解決金4千万円を支払う。

 訴状などによると、男性は14年4月に採用され、町教育委員会生涯学習課に配属されたが、時間外労働が常態化。「過労死ライン」と呼ばれる80時間を超える月もあり、12月に町内で命を絶った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高幡


ページトップへ