2019.03.04 08:39

漫画家とファン密接に 高知市で「大会議」閉幕 2日で5000人来場

「深夜食堂」の安倍夜郎さん=左、顔は非公開=と元編集者の黒笹慈幾さんが語り合ったトーク(3日午前、高知市の「かるぽーと」=写真はいずれも久保俊典撮影)
「深夜食堂」の安倍夜郎さん=左、顔は非公開=と元編集者の黒笹慈幾さんが語り合ったトーク(3日午前、高知市の「かるぽーと」=写真はいずれも久保俊典撮影)
 20人以上の漫画家らが参加した「第5回全国漫画家大会議inまんが王国・土佐」は3日、高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」などで「深夜食堂」の安倍夜郎さんらのトークや漫画対決、声優体験などの催しが行われ、閉幕した。2日間で最多となる5098人(県発表)が来場。漫画家とファンとの密接な交流でにぎわった。

 メインステージで安倍さんは元編集者の黒笹慈幾さんと対談。「深夜食堂」の雑誌連載が300話を超え、ネタをひねり出すのに苦労しているとし、「人間のサンプルが一番欲しい。僕にとっては同窓会が人間模様を知るいい機会。昔もてていた人が…ってあるでしょ」と笑わせた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ