2019.03.02 08:35

首都圏に安芸市PR 浅草で特産品販売

安芸市産の野菜を売り込む同市の職員(東京・浅草)
安芸市産の野菜を売り込む同市の職員(東京・浅草)
 安芸市の地場産品を東京でPRするフェアが2月28日から台東区浅草で開かれている。ナスやチリメンジャコなどが人気を呼んでいる。5日まで。

 両市区に千葉県富里市、岩手県雫石町を加えた4市区町は、第3代社長の岩崎久弥(安芸市出身、1865~1955年)ゆかりの史跡が残る縁で昨年から交流。この一環で、台東区が全国の自治体に開放している「ふるさと交流ショップ台東」に安芸市が物産店を出した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済安芸


ページトップへ