2019.03.02 08:40

高知城に春色 ぼんぼり341個点灯

ぼんぼりの桃色の光が夜の高知城を演出(1日夕、高知市の高知城=久保俊典撮影)
ぼんぼりの桃色の光が夜の高知城を演出(1日夕、高知市の高知城=久保俊典撮影)

 春色、ぽっ―。高知市の高知城周辺で1日、恒例のぼんぼりの点灯が始まった。5月6日まで、淡い桃色の光が高知の春を演出する。

 花見シーズンに合わせ、高知公園電飾委員会が設置。今年は115の個人・団体から協賛があり、大小341個のぼんぼりに灯がともっている。

 午後5時50分から点灯式。同委員会の代表者らがスイッチを押すと明かりが一斉にともり、堀の水面や石垣が桃色で彩られた。

 辺りの風景を写真に収めていた高知市内の20代女性は「ようやく春が来たなって感じ。満開の夜桜を見に行きたい」と話していた。

 点灯時間は午後6時半~9時半(4月5~7日の高知城花回廊の期間中は午後10時まで)。(板垣篤志)

カテゴリー: 主要社会高知中央


ページトップへ