2019.02.28 08:40

37議席に51人出馬表明 県議選告示まで1カ月

 統一地方選の前半戦となる県議選は、3月29日の告示(4月7日投開票)まで1カ月となった。前回と同じ総定数37に対し、27日時点で51人が出馬を表明。前回の立候補者数は59人で、今回は過去最少だった2003年の55人も下回る見通しだ。今回から高岡郡区(定数3)が東部の佐川町・越知町・日高村(同1)と、西部の中土佐町・梼原町・津野町・四万十町(同2)に分区され、選挙区数は1増の17。このうち5選挙区は現職以外の出馬表明はなく、無投票の可能性が高まっている。
 
 各党の公認数は、自民が前回より2人少ない21人(現職17、元職2、新人2)、共産が1人少ない6人(現職4、元職1、新人1)、公明は前回と同じ3人(現職2、新人1)。国民民主は現職1人、立憲民主は新人2人を擁立した。無所属は7人少ない18人(現職8、元職2、新人8)。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ