2019.02.28 08:00

小社会 脳死は人の死かどうか。けんけんごうごうの議論の末…

 脳死は人の死かどうか。けんけんごうごうの議論の末に臓器移植法が施行されたのが1997年。その2年後、99年のきょう、高知市の高知赤十字病院で全国初の脳死判定が行われた。

 何事につけ1例目というものは注目されがちだが、あの時の騒動は尋常ではなかった。全国から大勢のメディアが殺到し、取材現場の病院は大混乱。患者、家族への配慮を欠いた報道の姿勢も批判を浴びた。

 「人の命に関わる医療の問題でありながら、事件報道として立ち上がった」。当時の識者の言葉は、報道に携わる者として耳が痛い。一方で、初の脳死移植は人の生死とは何かを、全国の人々に問い掛けたのも確かだろう。

 厚生労働省によると、高知の1例目からこの20年で行われた臓器提供のための脳死判定は580例を超える。だが厚労省は欧米に比べるとまだまだ少ないと、病院などの支援に力を入れるという。

 脳死による臓器提供者数が一気に増えた時期がある。本人の意思が不明でも家族の承諾で提供できるようになった2010年の改正法の施行後だ。法改正の際、日本の国会は「死生観の問題」として、珍しく各政党が党議拘束を外して議員個人の判断で投票した。

 脳死移植は以前から過渡期の医療といわれていた。やがて人工臓器ができ、本人の細胞からつくった臓器ができる。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の現状を見る限り、その予言は当たっている。


2月28日のこよみ。
旧暦の1月24日に当たります。ひのえ さる 三碧 赤口。
日の出は6時36分、日の入りは18時01分。
月の出は2時06分、月の入りは12時27分、月齢は23.2です。
潮は小潮で、満潮は高知港標準で2時19分、潮位111センチと、12時11分、潮位122センチです。
干潮は6時32分、潮位99センチと、20時17分、潮位43センチです。

3月1日のこよみ。
旧暦の1月25日に当たります。ひのと とり 四緑 先勝。
日の出は6時35分、日の入りは18時02分。
月の出は2時59分、月の入りは13時15分、月齢は24.2です。
潮は長潮で、満潮は高知港標準で3時55分、潮位120センチと、14時01分、潮位121センチです。
干潮は8時59分、潮位97センチと、21時30分、潮位34センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ