2019.02.27 08:35

高知FD梶田社長あす2/28退任 ファン、スポンサーへ感謝 球団生え抜き

「いろんな人と出会い、応援してもらい、支えてもらった」「これからも高知FDをサポートしていきたい」と語る梶田宙社長(高知新聞社=久保俊典撮影)
「いろんな人と出会い、応援してもらい、支えてもらった」「これからも高知FDをサポートしていきたい」と語る梶田宙社長(高知新聞社=久保俊典撮影)
 高知ファイティングドッグス(FD)球団の梶田宙社長(36)が28日、退任する。球団生え抜きの選手として10年間プレーし、引退した2014年から社長を務めてきた。26日までに、高知新聞社のインタビューに応じ、苦労やファンへの思いなどについて語った。 (谷川剛章)

 ―社長退任の経緯を。

 現役を引退した年に結婚。ゆくゆくは義父が経営する会社の運営に携わるべく、ずっと引き際を考えていた。幸い、球団経営も黒字が続くなど基礎体力が付いてきたこともあり、昨季開幕前に北古味鈴太郎オーナーに意向を伝えていた。

 ―苦労したことは。

 これまで野球漬け。社会人としてのスキルが無かった。パソコンのキーボードは指一本で打ち、請求書の作成といった事務作業も初めて。スポンサーの方に迷惑を掛けて、怒鳴られたこともあった。みなさんに成長させてもらったと思う。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツFDスポーツ


ページトップへ