2019.02.26 08:35

「目標は優勝 チャンスある」春場所再入幕 豊ノ島に聞く 同期・琴奨との対戦熱望

新しい番付を手に、幕内復帰を喜ぶ豊ノ島(大阪市内)
新しい番付を手に、幕内復帰を喜ぶ豊ノ島(大阪市内)
 日本相撲協会が25日に発表した大相撲春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付で、16場所ぶりに再入幕を果たした豊ノ島=宿毛市出身=が同日、大阪市内にある時津風部屋の宿舎で報道陣の取材に応じた。左アキレス腱(けん)断裂という大けがを乗り越え、35歳での再入幕。その意気込みを語った。

 ―再入幕するまで一番しんどかったのは?

 2度にわたって(ふくらはぎの)肉離れを起こし、(幕下で)1勝しかできない(場所がある)など大幅に番付が下がった。その時はプレッシャーが大きかった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ


ページトップへ