2019.02.24 08:35

プロ野球 春野プレ試合第1戦 西武が序盤に3失点 ロッテ継投で逃げ切り

3回裏西武1死一塁、秋山が適時二塁打を放ち、1―3と追い上げる(春野球場=久保俊典撮影)
3回裏西武1死一塁、秋山が適時二塁打を放ち、1―3と追い上げる(春野球場=久保俊典撮影)
1回表ロッテ1死一塁、中村の二塁打で、一走藤原が二塁を蹴り先制のホームを踏む(春野球場=久保俊典撮影)
1回表ロッテ1死一塁、中村の二塁打で、一走藤原が二塁を蹴り先制のホームを踏む(春野球場=久保俊典撮影)
 プロ野球の西武とロッテの1軍が練習試合として対戦する「プレシーズンマッチ」の第1戦が23日、春野球場で行われ、ロッテが4―2で勝った。観客は6759人(主催者発表)を集めた。

 西武は先発右腕・本田がぴりっとせず二回までに5四球を与えて3失点。三回以降は5人でつなぎ、1失点に抑えた。打線は三回、1死から金子侑が内野安打で出ると、秋山が適時二塁打。さらに森が中前に運んで計2点をかえした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ