2019.02.24 08:35

1軍のプレーに歓声 春野大入り6759人 プロ野球プレ試合

1軍選手の迫力あるプレーを見ようと大勢のファンが詰めかけた(23日午後、高知市の春野球場=久保俊典撮影)
1軍選手の迫力あるプレーを見ようと大勢のファンが詰めかけた(23日午後、高知市の春野球場=久保俊典撮影)
 プロ野球のプレシーズンマッチ「西武―ロッテ」の第1戦が23日、高知市の春野球場で行われ、県内外から6759人(主催者発表)のファンが来場。1軍選手のさすがのプレーに歓声を上げ、大きな拍手を送った。

 この日、周辺の駐車場には四国や中国、近畿圏はもちろん、所沢や習志野、栃木ナンバーの車も。暖かな日差しの中、時折吹く強風がスコアボードの上に掲げられた西武のチャンピオンフラッグをはためかせた。

 試合はロッテが4―2で勝利。バルガス選手が豪快ソロ弾を放ち、注目新人の藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)が好送球を見せるなどして球場を沸かせた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ