2019.02.19 08:35

高知大病院でがんゲノム医療4月開始 最適な治療探る

 高知大学医学部付属病院(南国市岡豊町小蓮)は18日、がん患者の遺伝子を調べて最適な薬や治療法を選ぶ「がんゲノム医療」を4月から開始する、と発表した。対象者の想定は抗がん剤などの標準治療で効果がなく、全身状態が良好な患者ら。執印太郎病院長は「治療をやり尽くしても、新しい治療法を選択できる可能性がある」と話している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース香長


ページトップへ