2019.02.19 08:37

挿絵画家の心意気感じて 故郷の図書館に2000冊寄贈 故依光隆さん(香美市出身)の次女

故依光隆さんの挿絵が入った書籍2千冊以上を寄贈した坪野亜朱さん(香美市立図書館)
故依光隆さんの挿絵が入った書籍2千冊以上を寄贈した坪野亜朱さん(香美市立図書館)
 2012年に86歳で亡くなった挿絵画家、依光隆さん=香美市土佐山田町出身=が手掛けた小説や児童書など2千冊以上がこのほど、同市土佐山田町東本町2丁目の市立図書館に寄贈された。依光さんの次女、坪野亜朱(あす)さん(59)=東京都=は「本の世界感を鮮明に表し、読者に感動を与える挿絵画家の心意気を感じてくれれば」と話している。21年9月開館予定の新図書館に並ぶ。

 依光さんは、SFやミステリー、戦記物から伝記まで幅広いジャンルの表紙絵や挿絵を担当。代表作には、日本版「宇宙英雄ペリー・ローダン」(第1~367巻担当)、「名探偵ホームズ」シリーズ、筒井康隆さんの「時をかける少女」などがある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要文化・芸能香長


ページトップへ