2019.02.18 08:43

高知龍馬マラソン2019 棚橋(高知農高出)初優勝 女子は森本(山田高出)が大会新

33キロすぎ、仁淀川河口大橋で棚橋建太が後続を突き放し、独走態勢に入る(高知市春野町仁ノ=島本正人撮影)
33キロすぎ、仁淀川河口大橋で棚橋建太が後続を突き放し、独走態勢に入る(高知市春野町仁ノ=島本正人撮影)
 高知龍馬マラソンは17日、高知市内をスタートし、南国市、土佐市を経由して春野陸上競技場にゴールする42・195キロの日本陸連公認コースで行われ、男子は棚橋建太(創価大=高知農高出)が2時間27分37秒、女子は森本紗和(ヤマダ電機=山田高出)が2時間43分29秒の大会新で、それぞれ初めて制した。

 県勢男子は、永野裕也(慶大=土佐高出)が2時間29分1秒で2位。池田麻保呂(愛知県=中土佐町出身)が2時間29分46秒で5位。2時間30分28秒で6位の川上依武輝(高知農高)は、秋山優樹(創価大=高知農高出)ら以来4年ぶりの高校生入賞を果たした。また、植田和久(Qランナーズ)が8位、中平英志(フタガミ)が10位だった。

 女子の森本は、2016年大会で田中麻由(山田高)が出した2時間53分0秒を9分31秒更新した。このほか岡林聡美(高知市)が3時間5分5秒で6位、福原千帆海(安芸市)が3時間5分35秒で7位に入った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ