2019.02.14 08:35

オリックスが四万十市・町境に国内最大級の風力発電計画

2026年運転へ 49基、14.7万キロワット
 高岡郡四万十町と四万十市の境に、オリックス(本社・東京)が最大49基の風車による総出力最大14・7万キロワットの風力発電所の建設を計画している。電源開発(同)が梼原町と愛媛県西予市との県境に計画する最大50基、総出力最大18万キロワットの施設に次ぎ、国内最大級の規模となる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済環境・科学高幡幡多


ページトップへ