2019.02.14 08:36

宿毛フェリー船体競売へ 高知地裁決定 運航再開厳しく

差し押さえられ、競売開始決定が出された「ニューあしずり」(13日午前、宿毛市の宿毛湾港片島岸壁)
差し押さえられ、競売開始決定が出された「ニューあしずり」(13日午前、宿毛市の宿毛湾港片島岸壁)
 昨年10月から運航を休止している宿毛フェリー(本社=宿毛市片島)所有のフェリー「ニューあしずり」(1985年就航、999トン)について、高知地裁が競売開始を決定したことが船の登記簿などから13日までに分かった。落札されれば宿毛フェリーは唯一の船体を失い、運航再開は一層厳しくなる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多


ページトップへ