2019.02.13 14:42

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(51)動物寄付サイト

「人生の後半は社会貢献をしたいと思っていた」と話すアニマルドネーションの西平衣里さん。手にしているのは会報誌(東京都渋谷区内)
「人生の後半は社会貢献をしたいと思っていた」と話すアニマルドネーションの西平衣里さん。手にしているのは会報誌(東京都渋谷区内)
7年で1億円 支援の風
 続いての先進活動家は東京の公益社団法人「アニマルドネーション」の西平衣里(えり)代表理事(49)。これまで取材した現場の人々とは異なる視点で動物愛護に新風を吹き込んでいた。

 ドネーションとは英語で「寄付」。頑張る団体をアニドネのホームページ(HP)で紹介。寄付を募り、賛同者はネットか銀行口座で送り、愛護団体の活動費となる。鳥取の「アミティエ」もその中の一つだ。

 日本初の動物寄付サイトが7年半で集めた額は1億1千万円弱。運営経費を引いた85%を団体に贈った。贈りっ放しでなく、団体を訪問し、使い方もHP上で紹介しているから、寄付する側も安心だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ