2019.02.13 08:36

本の大切さを中学校で説く? 学長案に県大教員反発

【参考写真】高知県立大(永国寺キャンパス)
【参考写真】高知県立大(永国寺キャンパス)
 本を大量焼却して批判を浴びた高知県立大の野嶋佐由美学長が、県内中学校へ大学教員を派遣して「本の大切さを伝える」企画を立てていることなどに対し、学内教員から猛反発が起きている。野嶋学長が出席した教授会で「大学が問題を引き起こしておきながら『本を大切に』というのは恥の上塗り」「図書館の蔵書充実など、大学が本を大切にするのが先」などの声が噴出したが、大学は企画の再検討をせず、準備を進めている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会教育


ページトップへ