2019.02.12 09:40

「イスラム国」残党、数万人 米中央軍司令官が見解

 【ワシントン共同】米軍で中東などの地域を統括するボーテル中央軍司令官は11日、過激派組織「イスラム国」(IS)の残党がイラクやシリアの各地に「分散した形で数万人残っている」との見方を示した。中東への移動途中、記者団に述べた。CNNテレビが報じた。

 ボーテル氏は、有志連合のIS掃討作戦の結果、ISは「分散し、バラバラになったが、指導部や兵士は残っている」と指摘した。

 ボーテル氏は5日の議会公聴会で、ISの支配地域は縮小しているが依然、戦闘員がおり、有志連合が支配地域を完全に奪還しても圧力を続けなければ勢力復活の恐れがあると警告していた。
カテゴリー: 国際


ページトップへ