2019.02.11 08:40

詞を吟味 思い込め歌う ソプラニスタ・岡本知高が5月高知市公演 「皆が楽しめなきゃ意味ない」

「独特の衣装は40着くらい持っている。年3着は新しく作るけど、大事に使っていますね」と語る岡本知高(高知新聞社=島本正人撮影)
「独特の衣装は40着くらい持っている。年3着は新しく作るけど、大事に使っていますね」と語る岡本知高(高知新聞社=島本正人撮影)
 宿毛市出身のソプラニスタ、岡本知高が5月に高知市で開かれるコンサートのキャンペーンで帰高していた。声楽の仕事に加え、持ち前の明るさを生かしたタレント活動も充実。「高知の空気を吸って、思い入れたっぷりに歌う姿を見に来て」と語り、同市では16年ぶりのコンサートに強い意欲を示した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ