2019.02.09 12:03

殺人疑いで医学部生を逮捕 ホテルでタイ人女性に暴行

 警視庁下谷署は9日、昨年12月に東京都台東区のホテルでタイ国籍の女性=当時(19)=を暴行し死亡させたとして、殺人の疑いで、千葉県船橋市、昭和大医学部生の四十宮直樹容疑者(20)を逮捕した。

 下谷署によると、亡くなったのは台東区根岸2丁目の派遣型風俗店従業員セーンネ・パニダさん。四十宮容疑者は客としてセーンネさんをホテル5階の部屋に呼び、暴行したとみられる。「棒で強くたたきすぎたが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。

 四十宮容疑者は暴行後、ホテルの窓から飛び降りて重傷を負い、病院に入院していた。
カテゴリー: 社会


ページトップへ