2019.02.07 14:40

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(47)新潟市愛護センター

新潟市動物ふれあいセンターの猫の展示室(同市中央区「いくとぴあ食花」内=昨年10月24日)
新潟市動物ふれあいセンターの猫の展示室(同市中央区「いくとぴあ食花」内=昨年10月24日)
犬と猫は左の「愛護センター」で保護。譲渡可能になると右の「ふれあいセンター」へ移る(同市中央区「いくとぴあ食花」内=昨年10月24日)
犬と猫は左の「愛護センター」で保護。譲渡可能になると右の「ふれあいセンター」へ移る(同市中央区「いくとぴあ食花」内=昨年10月24日)
展示はカピバラの横
 新潟県には県立以外にもう一つ、新潟市立の動物愛護センターがある。せっかくだからと軽い気持ちで寄ったら、びっくりした。

 愛護センター(愛護棟)は広大なテーマパークの中にあったのだ。収容した犬猫が譲渡できる状態になると、同じパーク内のミニ動物園「動物ふれあいセンター」(動物棟)へ移して展示。新しい飼い主との出会いの場にしていた。

 高知市で言えば、「わんぱーくこうちアニマルランド」の隣に「小動物管理センター」が並ぶ感じ。カピバラやアルパカの横で、ガラス張りの展示室内に犬2匹、猫約20匹がくつろいでいた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ